尾瀬・会津駒ヶ岳ガイド
尾瀬・会津駒ヶ岳ガイド
尾瀬・会津駒ヶ岳ガイド

日帰り会津駒ヶ岳プラン

会津駒ヶ岳魅力はなんといっても、山頂直下に広がる湿原です。
標高2000mに広がる湿原は開放感に溢れ、ぐるり360度の眺望が抜群です。
天気が良ければ富士山が見えることも。

4月の残雪登山から始まりハクサンコザクラ、草紅葉と見所もたくさん。
会津駒ヶ岳の登りは急登ですが、登った後の達成感は何者にも変えられません。

日帰りコースは距離が長くなりますので、早朝出発が必要となります。
前日に桧枝岐村などにご宿泊し、登山に備えて下さい。
遅い時間の出発は山小屋泊の会津駒ヶ岳ガイドで承ります。

尾瀬・会津駒ヶ岳ガイド
尾瀬・会津駒ヶ岳ガイド
尾瀬・会津駒ヶ岳ガイド

コースマップ


高低差・時間

会津駒ヶ岳ガイドツアーのコースタイムです。ガイド中はお客様の体力度に合わせて歩きます。 天候や体力的・時間の都合上、途中で引き返す場合もございます。
日帰りでは中門岳までは時間的に難しいです。(山小屋泊会津駒ヶ岳ガイドでは中門岳に登ります。)

会津駒ヶ岳コース 体力度★★★★★

会津駒ヶ岳は出だしから急登が続き、距離も長いコースとなります。
体力に自信がない方は山小屋泊のガイドをオススメいたします。
高低差が約1000mある登りごたえがある尾瀬の百名山です。
尾瀬・会津駒ヶ岳ガイド
尾瀬・会津駒ヶ岳ガイド

▶お申込み

ツアー詳細

集合場所・時間

車の方は6時半に滝沢登山口集合。
公共交通機関の方は6時に滝沢登山口バス停。
早朝出発ですので檜枝岐村に前泊をオススメします。 安全管理上、早朝に登り始める必要があります。

車の方
滝沢登山口前
尾瀬・会津駒ヶ岳ガイド
公共交通機関の方
滝沢登山口バス停前
尾瀬・会津駒ヶ岳ガイド

服装・持ち物

会津駒ヶ岳は本格的な登山となり、しっかりとした装備が必要となります。
標高が高い為、夏場でも防寒着は必須です。
飲み物は最低2リットルは必要です。

服装
  • 登山靴
  • 長袖・ロングパンツ
  • 防寒着(フリース・ダウン)
  • 雨具(上下)
  • 速乾性の下着
持ち物
  • お弁当
  • 飲み物(1人最低2L)
  • 手袋
  • 帽子
  • サングラス(あると便利)
必須ガイドプラン
ご希望のガイドプランをご選択ください。
このページのプランは日帰り会津駒ヶ岳ガイドです。

日帰りコース別プラン
尾瀬沼ガイド
尾瀬ヶ原ガイド

日帰り季節別プラン
水芭蕉ガイド  5月下旬〜6月中旬
ワタスゲガイド  6月下旬
ニッコウキスゲガイド  7/20前後
草紅葉ガイド  9月下旬〜10月中旬

日帰り登山プラン
会津駒ヶ岳ガイド
燧ヶ岳ガイド
至仏山ガイド
田代山ガイド

宿泊プラン
山小屋泊・欲張りコース
山小屋泊・尾瀬縦走
山小屋泊・会津駒ヶ岳
山小屋泊・尾瀬ヶ原満喫

雪のプログラム
会津駒ヶ岳BCガイド  1月中旬〜5月中旬
スノーシューガイド  1月中旬〜5月中旬
クロカンツアーガイド  1月中旬〜5月中旬
クロカンレッスン  1月中旬〜3月下旬

尾瀬マウンテンガイド


TweetFollow @asairihito