ハクサンチドリ

  • 漢字表記白山千鳥
  • 分類ラン科  ハクサンチドリ属
  • 開花時期6月下旬〜7月中旬
  • 花言葉陽気  美点の持ち主
  • 大きさ10cm〜25cm


ガイド情報

艶やかな赤で尾瀬の湿原を彩るハクサンチドリ。
とても華やかな色で湿原のアイドルです。
ランの仲間は美しい植物が多く、見ていてとても楽しいです。

ハクサンチドリは小さな鳥の形に似た花がたくさんつきます。
『千鳥』はこの花をチドリの飛ぶ姿に見立てたことが由来です。
ハクサンチドリはノビネチドリやテガタチドリとよく似ています。

ハクサンチドリは湿原位多く咲きますが、林縁に咲いていることもあります。
どこに咲いていても鮮やかなピンクがとてもよく目立ちます。
ハクサンチドリは尾瀬に夏の訪れを告げる花です。

豆知識

  • 間違い探し
    ノビネチドリと非常によく似ています。
    葉が波打っていないのがハクサンチドリ。尾瀬ではハクサンチドリの方が数も多いです。
  • シロバナ・ウズラ葉
    非常の珍しいものでは白花のものもあります。
    また、葉に紋が入るウズラ葉のものもありますよ。見かけたらラッキーです。
  • ラン科
    ランだと気づくと価値が急に上がります。
    高級そうなイメージになりますね。

オススメポイント

同じ時季の花

▶花一覧