ノビネチドリ

  • 漢字表記延根千鳥
  • 分類ラン科  ノビネチドリ属
  • 開花時期6月下旬〜7月上旬
  • 花言葉よく似た友人
  • 大きさ10cm〜20cm


ガイド情報

尾瀬では意外と少ないノビネチドリ。
山ノ鼻や、御池シャトルバスの車道沿いに多く生えますが、注意深く見ないと見落とします。
よく似たハクサンチドリより探すのは大変ですよ。

ノビネチドリの特徴は波打った葉です。
ハクサンチドリは葉が波打たず、花の形も尖っています。
テガタチドリは花の色が淡く、ギッシリと詰まっています。

ノビネチドリを見分けることができるとちょっとだけ自慢できるかもしれません。
ノビネチドリは湿原には少なく森林内に多く生える特徴もあります。
水気の多い森林の縁によくありますよ。

豆知識

  • 区別の仕方
    ノビネチドリは森林。葉が波打つ。
    ハクサンチドリは湿原。葉は波打たず花が尖っている。
  • 栽培は難しい
    ノビネチドリは気温が高いとまず育ちません。
    尾瀬の中でみて楽しみましょう!
  • 近縁種
    ノビネチドリの大きいバージョーン『テガタチドリ』の近縁種です。
    テガタチドリは長蔵小屋の脇で見ることができます。

オススメポイント

同じ時季の花

▶花一覧