ギンリョウソウ

  • 漢字表記銀竜草
  • 分類シャクジョウソウ科  ギンリョウソウ属
  • 開花時期6月上旬〜7月中旬
  • 花言葉そっと見守る
  • 大きさ5cm〜15cm


ガイド情報

なんだこれ!?キノコ?宇宙人?いろんな感想が聞かれるこの植物。
見た目が強烈で、インパクトがあるこの正体はギンリョウソウ(別名ユウレイタケ)といいます。
触ると見た目に反し硬くて驚くと思います。

ギンリョウソウは湿った尾瀬の樹林帯でよくみかけることができます。
ギンリョウソウがあっても、キノコだと思っている人が多いかもしれませんね。
透き通る白い異質な物体が樹林帯にあったら、だいだいこのギンリョウソウだと思います。

このギンリョウソウ、『腐生植物』といって葉緑素を持ちません。
ギンリョウソウは光合成を行うことができないので、菌類に共生して行きています。
なんとも変わった植物ですね。尾瀬で他の腐生植物はショウキランなどがあります。

豆知識

  • 別名ユウレイタケ
    まさにギンリョウソウにピッタリなネーミングです。
    『〜タケ』ですがキノコの仲間ではありません。でもまぁ、見た目はキノコですね。
  • 目玉の親父
    ギンリョウソウは花が終わりになると見た目が目玉の親父になります。
    ギョロッとした目玉が特徴的です。
  • モドキもいる
    ギンリョウソウモドキ(アキノギンリョウソウ)というよく似た植物がいます。
    尾瀬での開花時期は8月〜9月と違います。見た目も微妙に違います。

オススメポイント

同じ時季の花

▶花一覧