ハウチワカエデ

  • 漢字表記羽団扇楓
  • 分類カエデ科  カエデ属
  • 開花時期6月上旬〜6月下旬
  • 花言葉
  • 大きさ200cm〜350cm


ガイド情報

お辞儀をした葉と赤い花が、とても特徴的で可愛らしいハウチワカエデ。
尾瀬では見晴〜白砂峠などのブナ林でよく見ることができます。
小さな花よりも、ハウチワカエデの特徴的な葉に目がいくと思います。

ハウチワカエデは秋の紅葉も大変綺麗です。
赤と黄色のハウチワカエデが尾瀬の秋を美しく彩ります。
10月初旬が例年紅葉の見頃となりますよ。

漢字で書くと『羽団扇楓』で、葉の形が扇子に似ていることが名前の由来です。
天狗の扇子に似ているとも言われます。
大きな葉の割に葉柄が短い所が天狗の団扇に見えたのかもしれません。

豆知識

  • メイゲツカエデ
    ハウチワカエデの別名は『名月楓(メイゲツカエデ)』です。
    名前からも秋の紅葉が美しいことがわかりますね。
  • 紅葉と黄葉
    一度で二度美味しいく、ハウチワカエデは赤と黄の二色に紅葉します。
    尾瀬の秋に無くてはならない樹木です。
  • 盆栽
    ハウチワカエデは盆栽としてもとても人気があるそうです。
    いろいろな樹木を盆栽にするんですね。

オススメポイント

同じ時季の花

▶花一覧