ホソバツメクサ

  • 漢字表記細葉爪草
  • 分類ナデシコ科  タカネツメクサ属
  • 開花時期7月中旬〜8月上旬
  • 花言葉
  • 大きさ10cm〜15cm


ガイド情報

至仏山でよく見られるホソバツメクサ。
アヤメ平にもあるそうですが、私は見たことがありません。
アヤメ平にはあまり行かないからなー。

群生して大きな塊(株)になるので目立ちます。
カトウハコベとも似ていますよ。
この見た目でナデシコ科です。

豆知識

  • 小さな花が集まる。
    ホソバツメクサは一つの塊になることが多いです。

  • 別名コバツメクサ。
    小さい葉のツメクサという意味です。(小葉爪草)

  • ホソバツメクサは日本の固有種。
    高山帯の岩場や砂の場所に生えています。

オススメポイント

同じ時季の花

▶花一覧