オゼソウ

  • 漢字表記尾瀬草
  • 分類ユリ科  オゼソウ属
  • 開花時期7月中旬〜7月下旬
  • 花言葉
  • 大きさ5cm〜10cm


ガイド情報

意外と地味で気がつかない人も多いオゼソウ。
オゼソウを初めて見た人の感想は『えっこれですか?』との声をよく頂戴します。
『ツクシみたいですね』との感想をいただいたこともあります。

7月中旬の至仏山で見ることができます。
しっかりと探さないと見落とすことも多数。
オヤマザワ田代の上、森林限界のベンチ近辺のオゼソウが比較的観察しやすいですよ。

オゼソウは『尾瀬』の名がつく希少な一属一種の植物です。
至仏山や谷川岳、北海道の一部にしか生えず、数も多くはありません。
至仏山で見つけるととても嬉しくなる植物です。

豆知識

  • 全国的にも珍しい
    オゼソウは至仏山・谷川岳・天塩山地(北海道)に生育しています。
    オゼソウを見に尾瀬を訪れる人も多数います。
  • 小さく地味
    オゼソウは色が地味で気がつかない人も多いですよ。
    花の時期が終わるとまず見つけることはできません。
  • 一属一種の絶滅危惧種
    オゼソウは日本の特産品で世界的にもかなり珍しいです。
    登山道以外の踏みつけであっと今になくなってしまいます。

オススメポイント

同じ時季の花

▶花一覧