7月中旬の尾瀬

何と言ってもオススメは花の百名山にも選ばれている至仏山。珍しい高山植物が一斉に花を開きます。 山ノ鼻に前泊し東面登山道(登り専用)から一周するコースが一番たくさんの花々に出会えます。 尾瀬沼や尾瀬ヶ原ではヒオウギアヤメや会津駒ヶ岳のコバイケイソウも見事です。

目次

1.7月中旬のおすすめ
2.服装
3.花
4.ガイドプラン
5.他の季節
尾瀬

7月中旬のオススメ

至仏山

蛇紋岩変性の珍しい花がたくさん。花好きには外せない素晴らしい山です。雪が残るのでアイゼンを忘れずに。

会津駒ヶ岳

残雪の会津駒ヶ岳でコバイケイソウを楽しみましょう。駒の小屋に泊まるとのんびりできます。

尾瀬沼散策

尾瀬沼から沼尻への湖畔にあるヒオウギアヤメの群落は大変見事。沼尻の池塘群も美しくオススメです。 尾瀬

>目次に戻る

雨に降られる前の上田代。
2週間ぶりに訪れるとすっかり季節が変わっていました。
サワランの濃いピンクが湿原で目立っています。
トンボがでてきたおかげで、ブヨも減り快適。 pic.twitter.com/Pob4V8IbBy

— 尾瀬マウンテンガイド (@asairihito) July 12, 2021

御池駐車場からすぐの御池田代。
大きな湿原ではありませんが、花の種類は豊富です。
昨年から鹿柵を設置したおかげで鹿の食害から守られたニッコウキスゲが綺麗に開花しています。 pic.twitter.com/LzpIRrHHcD

— 尾瀬マウンテンガイド (@asairihito) July 14, 2021

晴天すっきり会津駒ヶ岳。
駒の小屋がミニチュア模型みたいなこのアングルお気に入りです。 pic.twitter.com/w4hMgFPiM5

— 尾瀬マウンテンガイド (@asairihito) July 20, 2021

>目次に戻る

7月中旬の服装

暑い日もありますが日焼けのことを考えると長袖がオススメです。 日に焼けると体力を消耗します。ブヨやヌカカもいますので肌の露出は避けましょう。 泊まりの時は防寒着も忘れずにお持ちください。脱水症にならないよう水分も1Lは持ちましょう。 リンク先は個人的に使用してオススメの山道具です。

Amazonのアソシエイトとして、尾瀬マウンテンガイドは適格販売により収入を得ています。

尾瀬

7月中旬の

ゴゼンタチバナ
ホソバヒナウスユキソウ
オゼコウホネ
ヤナギトラノオ
ナナカマド
オオレイジンソウ
ホソバツメクサ
ホソバコゴメグサ
ミズチドリ
カキラン
ニッコウキスゲ
カラマツソウ
オゼソウ
ハナニガナ
ノビネチドリ
サワラン
トキソウ
タカネシオガマ
ヨツバシオガマ
ハクサンコザクラ
イブキジャコウソウ
ハクサンフウロ
ヒオウギアヤメ
カキツバタ
マイサギソウ
クロバナロウゲ

>目次に戻る

7月中旬ガイドプラン

お任せプラン夏
迷った人はこれ!
すべてお任せください!
日帰り尾瀬沼
一番簡単に尾瀬を楽しめます
大江湿原・尾瀬沼
日帰り尾瀬ヶ原
尾瀬と言えば尾瀬ヶ原!
尾瀬ヶ原・牛首往復
燧ヶ岳
東北以北最高峰を登る
燧ヶ岳
至仏山
希少な高山植物の宝庫
至仏山
7/1~10/31
会津駒ヶ岳
山頂が湿原の眺望最高の山
会津駒ヶ岳
田代山・帝釈山登山
花の百名山田代山を登る
田代山・帝釈山
小屋泊・会津駒
満点の星空は日の出必見
会津駒ヶ岳
山小屋泊・尾瀬縦走
一泊二日尾瀬満喫の旅
尾瀬ヶ原・尾瀬沼
小屋泊・尾瀬ヶ原満喫
尾瀬ヶ原を隅から隅まで満喫
尾瀬ヶ原
小屋泊・燧ヶ岳一周
尾瀬の見所全制覇!
尾瀬ヶ原・尾瀬沼・三条ノ滝

>目次に戻る

▶全ガイドプラン

他の季節

←前の季節  次の季節→

PAGE TOP