7月下旬の尾瀬

尾瀬ではニッコウキスゲが例年7/20前後に見頃を迎えます。 特に花数が多くオススメなのが大江湿原です。悲しいことに尾瀬ヶ原のニッコウキスゲは鹿の食害により数を減らしています。 土日は大変混雑しますので平日がオススメ。

目次

1.7月下旬のおすすめ
2.服装
3.花
4.ガイドプラン
5.他の季節

7月下旬のオススメ

ニッコウキスゲ

大江湿原が尾瀬の中で一番ニッコウキスゲの密度が濃く黄色の絨毯のような景色が楽しめます。

裏燧林道

隠れた名コースの裏燧林道。花いっぱいの上田代は眺望抜群で新潟の山並みが綺麗に望めます。

燧ヶ岳登山

御池新道から登るとキンコウカが美しい広沢田代と熊沢田代を楽しめます。 水芭蕉

>目次に戻る

久々のすっきり青空・会津駒ヶ岳。
早朝から暑さは厳しくなりましたがやっぱり晴れはいいです。 pic.twitter.com/eGo8WwUJ6M

— 尾瀬マウンテンガイド (@asairihito) July 30, 2022

ちょっと早く山頂に着きすぎてガスガスだった燧ヶ岳。
熊沢田代・広沢田代のキンコウカ絶好調です。
熊沢田代と俎嵓の間の雪渓は100mくらい残っています。
カチカチなので下りは面倒くさがらずにチェーンスパイク着用がオススメです。 pic.twitter.com/3KsoZPX8Cn

— 尾瀬マウンテンガイド (@asairihito) July 29, 2022

尾瀬の湿原に盛夏の花が増えてきました。
いつも通り誰もいない上田代のキンコウカが美しいです。
おおぶりなコオニユリやコバギボウシも咲き始め。
なかなかすっきしない天気が続いていますが、季節は着実に進んでいます。 pic.twitter.com/jzEAOFlrYC

— 尾瀬マウンテンガイド (@asairihito) July 21, 2022

>目次に戻る

7月下旬の服装

もっとも暑くなる時期です。熱中症に十分気をつけましょう。 日中は暑いですが、夜間は10℃くらいまで冷え込むことも。泊まりの際は上着を用意しましょう。 水分が不足すると足を攣りやすくなります。登山時には2Lは持ちたいです。 リンク先は個人的に使用してオススメの山道具です。

Amazonのアソシエイトとして、尾瀬マウンテンガイドは適格販売により収入を得ています。

尾瀬

7月下旬の

ホソバヒナウスユキソウ
オゼコウホネ
ヤナギトラノオ
オオレイジンソウ
ホソバツメクサ
ホソバコゴメグサ
ミズチドリ
カキラン
ニッコウキスゲ
カラマツソウ
オゼソウ
ハナニガナ
シラネニンジン
エゾウサギギク
タカネシオガマ
ヨツバシオガマ
ハクサンコザクラ
イブキジャコウソウ
ハクサンフウロ
ヤマオダマキ
タカネバラ
タカネナデシコ
ショウキラン
ノアザミ
ムシトリスミレ
ヒメシャジン
コバギボウシ
クガイソウ
ムラサキタカネアオヤギソウ

>目次に戻る

7月下旬ガイドプラン

お任せプラン夏
迷った人はこれ!
すべてお任せください!
日帰り尾瀬沼
一番簡単に尾瀬を楽しめます
大江湿原・尾瀬沼
日帰り尾瀬ヶ原
尾瀬と言えば尾瀬ヶ原!
尾瀬ヶ原・牛首往復
ニッコウキスゲ
大江湿原を黄色く染める絶景
大江湿原
7/20前後
燧ヶ岳
東北以北最高峰を登る
燧ヶ岳
至仏山
希少な高山植物の宝庫
至仏山
7/1~10/31
会津駒ヶ岳
山頂が湿原の眺望最高の山
会津駒ヶ岳
田代山・帝釈山登山
花の百名山田代山を登る
田代山・帝釈山
小屋泊・会津駒
満点の星空は日の出必見
会津駒ヶ岳
山小屋泊・尾瀬縦走
一泊二日尾瀬満喫の旅
尾瀬ヶ原・尾瀬沼
小屋泊・尾瀬ヶ原満喫
尾瀬ヶ原を隅から隅まで満喫
尾瀬ヶ原
小屋泊・燧ヶ岳一周
尾瀬の見所全制覇!
尾瀬ヶ原・尾瀬沼・三条ノ滝

>目次に戻る

▶全ガイドプラン

他の季節

←前の季節  次の季節→

PAGE TOP