6月上旬

尾瀬の主役の水芭蕉が最盛期を迎え、多くの人が訪れます。特に6月第一土日の鳩待峠は大混雑。
この日程は尾瀬ヶ原は避けたほうが無難。予定をずらすか、空いている尾瀬沼側がオススメですよ。
樹林帯にはまだ残雪があり注意が必要です。転倒によるケガが一年で最も多いシーズンです。
水芭蕉

6月上旬のオススメ

  • 下ノ大堀
    尾瀬ヶ原の下ノ大堀はこの時期大人気の水芭蕉スポットです。
    至仏山と下ノ大堀をバックに水芭蕉の群落が咲き乱れる様は一見の価値ありです。
  • 尾瀬沼
    尾瀬沼側は人も少なくのんびりとハイキングを楽しむことができます。
    カマッ堀の水芭蕉は数も多くとても見事です。尾瀬ヶ原はちょっと混みすぎです。
  • 開放感
    湿原の植物の背丈が低く、6月上旬の尾瀬は開放感抜群。
    広大な湿原をのんびりと歩いてみてください。身も心もスッキリしますよ。
水芭蕉

6月上旬の服装

晴れていれば気温も20℃近くまで上がり、長袖一枚で行動できる日もあります。
薄着で行動し休憩時に一枚着るとちょうどいいです。
雨天時は気温が一桁になりますので、防寒着も忘れずに。朝晩は霜がおり冷えこむこともあります。
  • 速乾性の下着
    山メーカーの製品は高価ですが抜群に快適です
  • 長袖
    綿は避け、乾きやすいものを用意しましょう。
  • 防寒着
    レインウェアで代用する方法もあります。
  • ロングパンツ
    動きやすいトレッキングパンツ。
  • 手袋
    雪が残り手袋は必須です。
  • スパッツ
    足元の汚れを防ぎます。峠を通るルートではあると快適です。

6月上旬の花


6月上旬ガイドプラン

▶ガイドプラン