ムラサキヤシオツツジ

  • 漢字表記紫八染躑躅
  • 分類ツツジ科  ツツジ属
  • 開花時期5月下旬〜6月上旬
  • 花言葉貴婦人
  • 大きさ100cm〜200cm


ガイド情報

尾瀬に春の訪れを告げる、紫色が艶やかなムラサキヤシオツツジ。
尾瀬の樹林帯でかなり早く咲き始めるます。(例年5月下旬頃が咲き始め。)
新芽の緑の鮮やかな森林で、濃い紫はとても目立ち美しいです。

ムラサキヤシオツツジは花の時期が短く、すぐに萎れてしまいなかなか見頃に出会うのが難しい花です。
尾瀬で見頃のムラサキヤシオツツジを見つけたらラッキーです。
写真二枚目のようにツボミも濃い紫色をしており綺麗ですよ。

『ムラサキヤシオツツジ』の名前は紫で八回染めたような色が由来とされています。
漢字で書くと『紫八染躑躅』ツツジを漢字で書けたら天才です。
なんとなく『躑躅(つつじ)』と『髑髏(どくろ)』が似ている気がするのは私だけでしょうか。

豆知識

  • 尾瀬沼南岸
    ムラサキヤシオツツジを見るなら尾瀬沼南岸がオススメです。
    三平峠(十二曲)や裏燧林道でもムラサキヤシオツツジを観察できます。
  • 似た花が多い
    ミツバツツジは名前の通り葉が三枚。(ムラサキヤシオツツジは5枚)
    アカヤシオは枝に花が一輪だけ。ムラサキヤシオツツジは二輪〜六輪。
  • 別名ミヤマツツジ
    ムラサキヤシオツツジは奥深い山に咲いているので別名『ミヤマツツジ』
    名前が全部似ていて混乱してきます。

オススメポイント

同じ時季の花

▶花一覧