ツクバネソウ

  • 漢字表記衝羽根草
  • 分類ユリ科  ツクバネソウ属
  • 開花時期6月上旬〜6月下旬
  • 花言葉
  • 大きさ20cm〜30cm


ガイド情報

4枚の葉が特徴的なツクバネソウ。ちなみに3枚は有名なエンレイソウですね。
尾瀬の森林内にたくさんあり、4枚の葉には気が付きますが花は見落とす人も多いです。
写真一枚目のようにツクバネソウの花はかなり地味なんですよね。

ツクバネソウが目立つのは写真二枚目の実の時期です。
『衝羽根草』と漢字で書くと分かる通り、『羽つきの羽根』にそっくりな実ができます。
特徴的でとっても面白い実ですよね。

葉がたくさん(6〜8枚)つくクルマバツクバネソウも尾瀬にはあります。
花の感じはツクバネソウもクルマバツクバネソウもよく似ています。
尾瀬の森林内の地味なお花にも注意して探してみると面白いですよ。

豆知識

  • 実が面白い
    ツクバネソウは実が羽根つきの羽根に似ていて特徴的。
    食べられるかどうかは分かりません。
  • 親戚関係
    ちょっと雰囲気は違いますがツクバネソウとキヌガサソウはかなり近い仲間です。
    ツクバネソウとエンレイソウも親戚ですよ。
  • 土針
    万葉集で『土針(つちはり)』として名前がでてきます。
    エンレイソウのことも土針と呼ぶこともあるそうです。

オススメポイント

同じ時季の花

▶花一覧