6月下旬の尾瀬

ワタスゲレンゲツツジが尾瀬で見頃を迎えます。
尾瀬の湿原に橙色と白色がとても目立ち華やかです。一面のワタスゲはとても幻想的で美しいですよ。
もちろんワタスゲレンゲツツジだけではなく、他の花々のも増えてきます。
尾瀬では燧ヶ岳など登山エリアを除き雪もほぼ溶けきります。登山シーズンはもう少し先です。
尾瀬

6月下旬のオススメ

  • 沼尻平のワタスゲ
    沼尻平のワタスゲは密度が濃くてとても綺麗です。
    ナデッ窪登山口側の脇道からの池塘と尾瀬沼の眺めも絶景です。
  • 田代山のワタスゲ
    尾瀬のエリアの端に位置する田代山山頂(写真3枚目)もオススメのポイントです。
    田代山は山頂が湿原になった珍しい山です。とても気持ちがいい山ですよ。
  • レンゲツツジの鮮やかなオレンジ。
    レンゲツツジがオススメの場所は大江湿原です。
    蜜には毒があるので絶対に食べたりしないで下さいね。
尾瀬

6月下旬の服装

尾瀬でもだんだんと暑くなる日も多くなってきます。
晴れていれば長袖一枚で快適に歩くことができますが、日焼けのことを考えると半袖はやめましょう。
日が陰ったり雨が降ると尾瀬では気温がグッと下がるので防寒具もお忘れなく。
  • アンダーウェア
    化繊のものがオススメです。撥水性のドライレイヤーがオススメです。
  • 長袖
    晴れの日は長袖1枚でもOK。
  • 防寒着
    休憩時や日が陰ったときに使用します。レインウェアで代用も可。
  • ロングパンツ
    虫刺されや日焼けの心配もなく安心です。
  • 手袋
    軍手でもOKなので一枚あると安心です。
  • 日焼止
    この時期は紫外線強いく油断すると大変なことになります。
  • サングラス
    目の保護にもなります。
尾瀬

6月下旬の花


6月下旬ガイドプラン

▶ガイドプラン