キジムシロ

  • 漢字表記雉蓆
  • 分類バラ科  キジムシロ属
  • 開花時期6月上旬〜6月下旬
  • 花言葉明るく輝いて
  • 大きさ5cm〜15cm


ガイド情報

なぜか尾瀬ではあまり注目されないキジムシロ。
尾瀬をガイド中に『この花なんですか?』と聞かれることは限りなく少ない花です。
水芭蕉日光黄菅のような主役ではありませんが、キジムシロはないと寂しい名脇役なお花です。

キジムシロは尾瀬の日当たりのいい場所見ることができます。
木道の間に生えていることも多いですよ。
大江湿原の平野家の墓の分岐にキジムシロの群落があり観察しやすいと思います。

キジムシロは花が咲いている時期が短いので見つけるのはちょっと難しいかも。
咲いたと思ったら、すぐに枯れてしまってます。
黄色が綺麗なキジムシロに注目してみてください。

豆知識

  • そっくりさん有
    キジムシロの花はミツバツチグリによく似ています。葉で区別することが可能です。
    キジムシロは奇数羽状複葉(5〜9枚)。ミツバチツチグリは三出複葉(3枚)です。
  • 毛むくじゃら
    キジムシロは全体的に粗い毛で覆われていて、葉はモジャモジャとした感じがします。
    ミツバツチグリはツルッとしていますよ。
  • 蓆(むしろ)?
    名前の由来はキジが座る蓆(座布団のようなもの)に似ているからだそうです。
    キジってお上品に敷物の上に座るんですね。見たことはありません。

オススメポイント

同じ時季の花

▶花一覧