ホソバヒナウスユキソウ

  • 漢字表記細葉雛薄雪草
  • 分類キク科  ウスユキソウ属
  • 開花時期7月初旬〜7月中旬
  • 花言葉誇り高い純潔
  • 大きさ10cm〜15cm


ガイド情報

尾瀬の至仏山で一番人気といってもいいホソバヒナウスユキソウ。
尾瀬をのぞくと、谷川岳くらいでしか見ることができません。
ホソバヒナウスユキソウはオゼソウとともに、至仏山を代表する花です。

ホソバヒナウスユキソウはいわゆるエーデルワイスとよく似ています。
ホソバヒナウスユキソウは蛇紋岩に生える蛇紋岩変性植物です。
蛇紋岩の至仏山に生える珍しいエーデルワイスってことですね。

ホソバヒナウスユキソウを見るためだけに尾瀬を訪れる人もいます。
山の鼻からの東面登山道を上がり、森林限界を超えたあたりから見ることができます。
普通のウスユキソウのほうが数が多いです。

豆知識

  • 至仏山の主役
    オゼソウとホソバヒナウスユキソウが特に有名です。
    尾瀬のアイドルなホソバヒナウスユキソウです。
  • 希少
    蛇紋岩という特殊な岩に生えまする蛇紋岩変性植物の一つです。
    非常に分布が限られており数が少ない植物です。
  • 見頃は一瞬
    ホソバヒナウスユキソウは例年7月初旬が見頃となります。 至仏山が山開きをしたらすぐに見に行きましょう。

オススメポイント

同じ時季の花

▶花一覧