カキラン

  • 漢字表記柿蘭
  • 分類ラン科  カキラン属
  • 開花時期7月下旬〜8月上旬
  • 花言葉芯の強さ
  • 大きさ10cm〜20cm


ガイド情報

尾瀬では咲いている場所を知らないと意外と見つからないカキラン。
尾瀬ヶ原の下田代で見ることができます。尾瀬沼側ではカキランをほとんど見た記憶がありません。
見晴から温泉小屋に向かう木道脇が比較的見つけやすいと思います。

ランの仲間は形が美しくとても気品があります。
『柿蘭』の名前の通り、花の色は柿の色をしています。
写真のカキランは黄色がかかっていますが、オレンジの柿色をした株もありますよ。

カキランは花の百名山では宮崎県の祖母山を代表する花として紹介されています。
尾瀬ではあまり目立つことがない花ですね。
尾瀬の近辺ですと宮床湿原の群落が大変見事です。

豆知識

  • 花の時期が短い
    注意してみないとあっという間になくなります。
    下から順に咲いていくので一番上が咲いたらカキランは終わりになります。
  • 花に注目
    カキランは花の時期だけ目立ちます。
    それ以外の時期に葉から探すのはなかなか難しいと思います。
  • 小さめ
    尾瀬には背の低いカキランばかりです。
    湿原の栄養状況や気温がカキランの大きさに関係していると思います。

オススメポイント

同じ時季の花

▶花一覧