ニリンソウ

  • 漢字表記二輪草
  • 分類キンポウゲ科  イチリンソウ属
  • 開花時期6月上旬〜6月下旬
  • 花言葉友情
  • 大きさ10cm〜20cm


ガイド情報

ニリンソウは森林内のジメジメと湿ったところに多く生えます。
お肌の敏感な乾燥に弱い植物何でしょうね。水気の多い尾瀬ではニリンソウがたくさんです。
尾瀬では沢の近くや、拠水林(湿原の中の森林)に多いですね。

ニリンソウはサンリンソウと非常によく似ています。
ややこしい話しですが、ニリンソウは花が二輪付くわけではありません。
三輪のニリンソウもあるんですよ。もちろん一輪のニリンソウもあります。

二枚目の写真と三枚目の写真に違いを載せました。ほぼ間違い探しです。
ザックリ書くと茎から直接葉が出るのがニリンソウ。葉柄があるのがサンリンソウです。
イチリンソウは花の大きさがビックですので明らかに違いが分かります。

尾瀬でオススメの観察ポイントは、ズバリ、竜宮のトイレ脇です。
ニリンソウとサンリンソウが仲良く並んでいますので比較できますよ。

豆知識

  • 山菜
    ニリンソウは食べられますが感動的には美味しくありません。
    トリカブトと似ているので間違えないように注意。毎年誤食事故があります。
  • 湿原にはない!
    ニリンソウは湿っぽい樹林帯を探してください。
    親戚のサンリンソウは湿原にもときどき生えることがあります。
  • 実は漢方薬
    地烏(ジウ)と呼ばれ漢方薬になります。ニリンソウの根を痛み止めに使うそうです。
    実際に服用したことはないので効果はわかりません。
  • 違いが分かるとヒーロー
    ニリンソウとサンリンソウの違いがわかると尾瀬でお仲間に自慢できます。
    尊敬の眼差しで見てもらえ優越感に浸れます。ただしお金はもらえません。
尾瀬

オススメポイント

同じ時季の花

▶花一覧