夏の花盛り 2015.08.02

御池〜沼山〜尾瀬沼 往復
  • 天気 晴 気温 32℃
  • 服装 長袖+ロングパンツ
  • 内容 夏の花がそろってきました

8月に入り、尾瀬にも短い夏が到来。
夏らしい花が徐々に咲いてきましたよ。
今回は、湿原でも特に目立つ2つの植物を紹介します。

一枚目の写真は、鮮やかな黄色が目立つマルバダケブキ。
大ぶりの花が湿原によく映えます。
茎の先に花が集まって咲きますよ。
湿原の中でも、沢や川沿い(栄養のいいところ)に生えています。
葉はフキのように大きくて立派なものです。

尾瀬
二枚目の写真はコバギボウシ。
山菜のギボウシの仲間ですね。
今年は、当たり年で花の数が多くとても良く目立ちます。
青色が鮮やかでキレイですよ。

この夏の時期から、青色の花が目立つようになります。
サワギキョウやソバナ、トリカブトなんかですね。
秋には花リレーの最終ランナーリンドウも咲きます。
尾瀬はいつ来ても花たくさんですよ!

お花をのんびり楽しむフラワーハイキングオススメです。
植物好きな人も、あまり興味のない人も楽しめる内容です。
写真好きな方にもオススメです。