大江湿原の花々 2019.06.20

日中はいい天気となりました。気温も上がり動くとちょっと汗ばむ陽気です。
湿原の花も日に日に増えにぎやかになってきています。毎日様子が変化していくのは面白いものです。

1枚目はレンゲツツジのツボミです。だいぶ膨らんできました。 標高の低い御池の角力取田代では開花が始まっています。明るいオレンジ色で湿原で一際よく目立ちます。

尾瀬

2枚目はナナカマド。秋の紅葉の主役ですが花だって綺麗です。
沼山峠展望台周辺がちょうど低い位置でよく観察できます。

尾瀬

3枚0目はシナノキンバイ。花だけ見るとリュウキンカとよく似ていますが葉の形が違います。
大江川沿いに両方ありますので見比べてみるのも面白いかもしれません。

尾瀬

4枚目はタテヤマリンドウの群落です。今年も大江湿原のタテヤマリンドウとても見事です。
晴れて気温が上がった日しか花が開きません。晴れの日限定の青の絨毯です。

尾瀬