サラシナショウマ 2016.09.01

鳩待峠〜山の鼻〜牛首 往復
  • 天気 晴 気温 30℃
  • 服装 長袖+ロングパンツ
  • 内容 尾瀬ヶ原ハイキング
この時期の尾瀬では、ブラシのような大型の白い花が目につきます。
この花の正体は『サラシナショウマ』です。漢字で書くと『晒菜升麻』になります。
漢字から想像がつく通り、新芽は茹でたあと水に晒して食べることができます。

名前に『菜』がつく植物は食べられるものが多いです。
味はまぁほうれん草のほうがかなり美味しいです。
これも一回食べればいい感じの植物です。ちょっとクセのある臭いがありました。

ショウマ(升麻)は生薬の名前だそうです。解熱、解毒、抗炎症作用があるとのこと。
この効能を見るとものすごい万能薬ですよね。薬になる植物は多いですね。

尾瀬には薬となる有用な植物がたくさんあります。
尾瀬で何種類が薬になるか調べたら面白そうですね。

尾瀬