レインウエア手入れ(ドロップルーフ) 2016.11.02

昨日は自分で行う方法をご紹介しました。
プロにクリーニングと撥水処理をませてしまうのも一つの手です。
私は日常的には手洗いし、シーズンが終わるといつもプロに任せています。

町のクーリング店にだすのもありですが、専門の会社に依頼すると仕上がりがまったく違います。
オススメは『そらのした ドロップーフ』さんです。
そらのした ドロップーフ

動画は昨年の冬にハードシェル一式をクリーニング・撥水処理してもらったものです。
ポリタンクで10Lほど水をかけましたが全く問題なし。
ウェアには水が染みません。弾きすぎて水をかけている人に水がかかってしまうくらいです。
撥水処理だけでなく綺麗にクリーニングしてくれますので、とても助かります。

撥水処理も長持ちし通常の使用だと1シーズンは問題なくもちます。
(私達ガイドのように毎日のように着ているとさすがに効果が薄れます。)
専門業者クリーニングも、手入れの選択肢の一つにいれてもいいと思います。