トンボ 2019.07.10

気温があがり尾瀬のトンボの数も種類もどんどんと増えてきました。 一番目につくのは通称「赤トンボ」の「アキアカネ」や「ナツアカネ」です。 あちらこちらで飛んでいますので、これからの季節は必ず出会えるでしょう。

尾瀬ぽっいなと個人的に感じるトンボは、写真のような青色の体の細いイトトンボです。 「オゼイトトンボ」や「ルリイトトンボ」「エゾイトトンボ」「アオイトトンボ」など青いイトトンボは複数種類います。 動きが速くパッと判断するのは非常に難しいです。写真のトンボはなんの種類でしょうか?トンボ博士がいたら教えていただきたいです。

その他にも日本一小さなハッチョウトンボ(大きさは一円玉ほど)や大型のヤンマの類もみることができます。 池塘付近をよく観察するとトンボの羽化を目撃できるかもしれません。

←前の記事  次の記事→

更新履歴

2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年

PAGE TOP