冬の見晴地区 2021.02.07

昨日の雪下ろしの際の尾瀬の様子をご紹介いたします。
見晴地区の尾瀬小屋さんの雪下ろしのお手伝いでしたが、現地まではヘリで移動します。
1枚目はヘリから見下ろす尾瀬ヶ原と至仏山です。至仏山は森林限界が低く上部は樹木がなく真っ白です。

尾瀬

2枚目は雪下ろし前の尾瀬小屋です。建物正面側に雪がリーゼントのように張り出しています。
1階は埋まっており見えている窓は2階の物になります。尾瀬は流石に雪が多いですね。

尾瀬

3枚目は見晴から眺める尾瀬ヶ原(下田代)と至仏山。広大な湿原が気持ちがよいです。
木道ももちろん雪に隠れてしまっています。グリーンシーズンよりさらに大きく感じます。

尾瀬

4枚目はヘリから見えた燧ヶ岳。おそらく七入上空辺りからの眺めです。
空から見るといつもと違った景色に感じますね。俎ーと柴安ーが猫の耳のように可愛らしく見えました。

尾瀬