池塘のイモリ 2016.05.24

鳩待峠~山の鼻~牛首 往復 尾瀬 尾瀬ではとてつもなく暑い日が続いています。
今年の尾瀬は雪がほぼなくなり、ミズバショウも終盤になってしまっています。
尾瀬ではいつもより3週間ほど季節の巡りが早い感じがします。

写真は上ノ大堀から眺めた燧ヶ岳です。
ご覧の通り雪が燧ヶ岳にも全くと言っていいほどありません。
こんなに尾瀬で雪が少ない年はなかったのではないでしょうか。
今年の雪の少なさは記録的です。尾瀬 さて、尾瀬の気温が上がり、池塘にゆらゆらと動く怪しい影が目立つようになってきました。
このユラユラのなんだかわかりますか?
正体はアカハライモリです。いわゆるイモリとよばれているやつです。

池塘をじっと観察していると呼吸をしに水面に上がってくる様子が観察できます。
アカハライモリの姿はとっても愛嬌があり可愛らしいです。
2枚め写真に写っている泡はアカハライモリの呼吸のあとです。

このアカハライモリはものすごい再生能力を持っているんです。
手足や尾、アゴ、目、心臓、脳までも、傷跡を残さず再生できるとか。
とんでもない能力ですよね。再生医療の研究への応用が期待されています。
尾瀬の池塘でぜひアカハライモリを探してみてください!

←前の記事  次の記事→

更新履歴

2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年

PAGE TOP