レインウエア手入れ 2016.11.01

尾瀬シーズンも終了しました。
たくさん使ったレインウエアもぜひ手入れしてあげてください。
今回はお家でできる手入れの方法を紹介していきます。(明日、プロに任せる方法をご紹介します。)
ざっくり言うとバケツで手洗いし、撥水液にドボン。後は乾燥させるだけと慣れると非常に簡単です。

洗濯から撥水処理までの手順です。
  1. 専用洗剤・撥水剤を用意する。いろんなメーカーが発売しています。
    登山用品店やネットショップで買いましょう。 私は『NIKWAX』をずっと使用しています。
  2. レインウエアのチャックやポケットはすべて閉める
  3. バケツにぬるま湯を入れ洗剤をいれよくかき混ぜる(指定の量)
  4. レインウエアをいれ、しっかりともみ洗い
  5. 洗剤液の中に10分程度つけ置き
  6. 流水でしっかりとすすぐ
  7. バケツに撥水液を指定料入れ混ぜる
  8. 撥水液の中にレインウエアを10分ほど放置
  9. しっかりとすすぐ(水が透明になるまで)
  10. レインウエアを陰干し
  11. 乾燥後に乾燥機で熱処理
洗濯機を使う方法よりバケツで手洗いがオススメです。高価な洗剤や撥水剤の使用量を少なくできます。
ポイントは専用洗剤を使い、しっかりとすすぐことです。
専用洗剤は割高ですが、レインウエアを長持ちさせることができます。
(普通の洗剤で洗っていたレインウエアは1シーズンで撥水力がかなり低下しました。)
皮脂などの汚れがつくと透湿性は一気に低下します。ぜひ、レインウエアを洗ってみてください。

*洗濯は自己責任でお願いします。
*またメーカーの指定の方法がある場合はそれに従ってください。

尾瀬