会津駒の花々 2020.08.17

会津駒ヶ岳は山頂付近に湿原が広がる珍しい山です。先日登ったときに見られた花を一部ご紹介します。 1枚目はチングルマの花のあとの綿毛です。タンポポのように綿毛が風で飛び広がっていきます。朝露がついたチングルマも美しいです。
尾瀬 2枚目はミヤマリンドウです。尾瀬では春先(6月)にタテヤマリンドウを見ることが多いですが、会津駒ヶ岳に咲くにはミヤマリンドウになります。 色もちょっぴり濃い目です。花の中心が白くないのがタテヤマリンドウとの違いになります。
尾瀬 3枚目は今年見事だったキンコウカ。最後の一咲きになっていますが、湿原を黄色く彩っています。 一つ一つの花の形が美しいですね。秋には葉がオレンジになり草紅葉の主役となります。
尾瀬 4枚目は湿原ではなく登山道沿いに咲き始めたオヤマリンドウです。 色が濃く目立ちます。花リレーのアンカーのオヤマリンドウが咲けば秋はもうすぐそこです。 あっという間に尾瀬の秋は深まっていきますね。
尾瀬

←前の記事  次の記事→

更新履歴

2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年

PAGE TOP