早くも水芭蕉 2018.03.21

春分の日で春になるはずが肌寒い一日。
寒の戻りで気温がサッパリ上がりません。

そんな寒さのなか、ミニ尾瀬公園では水芭蕉の葉と花(苞)
がニョキっと出てきていました。このところ続いた暖かさを春と勘違いしたのでしょうね。
非常に小さいですが雪解けし部分で見ることができます。

まだこの時期に発芽してしまうと、すぐに霜にやられ枯れてしまいます。
雪解けが早すぎるのも考えものですね。
雪があると保温され霜にやられることはありません。

尾瀬