秋の気配 2016.08.15

尾瀬ヶ原では秋の花が増えてきました。
山の鼻からすぐのサワギキョウがとても綺麗ですよ。濃い紫色がとても目立ちます。

この花、実は毒草です。
『ロベリン』という成分が含まれており、嘔吐や発汗・麻痺・呼吸困難、最悪死に至る場合があるとか。
麻酔薬として使われることもあったようです。毒と薬は紙一重ですね。

サワギキョウ以外にも、ミヤマワレモコウやオゼミズギクなどが見頃となっています。
一足早く尾瀬で秋の訪れを感じてみませんか?

尾瀬