檜枝岐歌舞伎 2019.05.13

江戸時代から代々続いてきた檜枝岐歌舞伎。昨日の奉納歌舞伎の様子です。
身近なところでこのような素晴らしい歌舞伎が見られることがとても嬉しく思います。

尾瀬

写真1枚目は開演前。続々とお客様が入場しています。野外の舞台で公演され観客席が舞殿をグルリと囲みます。
写真2枚目は開演の様子。すべて村民による手作りの歌舞伎になっています。

尾瀬

次回の公演は6/8(土)の新元号祝意特別歌舞伎公演。
18時開場19時開演で演目は「奥州安達ケ原 文治館の段」です。ぜひ御覧ください。
(8/18(日)と9/7(土)にも歌舞伎が行われます。)

尾瀬