ヤナギラン 2016.09.30

沼山峠〜大江湿原〜尾瀬沼 往復
  • 天気 晴 気温 23℃
  • 服装 長袖+ロングパンツ+手袋
  • 内容 大江湿原ハイキング
ヤナギランの綿毛(種子)がポワポワになってきました。
空にただよう綿毛は幻想的です。
でも、間違って吸い込むとむせ返ります。

ヤナギランは尾瀬の限られた場所でしか見ることができません。
いちばん有名なのは『ヤナギランの丘』です。
大江湿原にある長蔵さん一家のお墓の周りに群生しています。

お手軽に観察したい場合は御池の駐車場がオススメです。
駐車場入口にまとまった数があります。長蔵小屋の裏手にもちょっとあります。

ロシアではヤナギランをお茶にして飲むこともあったそうです。
『イワン茶』という名前で、中国茶の代用茶です。(中国茶は値段が高いため。)
味はかすかに甘く、プーアル茶に似ているとのこと。
ヤナギランの葉はビタミンCが豊富で、サラダとして食べることもあるとか。
来年はヤナギランの食用にもチャレンジしてみようと思います。